呼吸のリズムをシェアして癒すコミュニケーション術?!

呼吸のリズムをシェアして癒すコミュニケーション術?!

第  44 号 【強くて弱いのはみんな一緒】

突然ですが、
私の家にはテレビがありません。

引っ越しのときに持ってきましたが、
ずっと箱に入れたまま1年経過したので
友人にあげました。

なのでワイドショーなんかの
ちょっとどうでもいいニュースは、
私のもとには届きません。

が、

さすがに三浦春馬さんのニュースは
すぐに入ってきました。

そして、
熱狂的なファンでもなかったのに
とても動揺しました。

少し日がたってしまいましたが
謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

さて、

わたし職業柄、
ご自身を傷つけた方とお話させて頂く機会も
けっこうあって、

友人なんかからよく
どうやって接するの?
と聞かれます。

みなさん、
何を想像します??

私の答えは、

「普通に」接するです。

ダイレクトな表現をすると、

自殺をする人間は弱いし
特別に扱わなければいけない

と言われがちですが
私はそこに違和感をもっています。

「自分の持っている力を
 ちょっと極端な方向に使ってしまった」

それだけなのに
いろんなことを言われるのは
若干不公平かなって思います。
(個人的な意見です。)

なので、
関わり方・考え方は変えません。

聞き飽きてくるかもしれませんが
いつも【姿勢】を意識しています。

前にも書きましたが、
太陽を見れば顔が上がりますよね。

それもまだ無理なら
呼吸のリズムを変えるんです。

呼吸のリズムに変化をつけるのは、
意識してカウントするだけが方法ではありません。

可能であればボディタッチから
自分のリズムをシェアします。

同じものを見たり、聞いたりして
リズムをシェアすることもありです。

そうやって
いろいろな方法を使って、
視線や気分を変えて
姿勢も変えるんです。

いつでもどこでも

「ハイ、背筋伸ばしてー!」

なんてダイレクトに
大声だしているだけではありません^^

ただ、

 相手の気持ちを考えること
 押し付けないこと

を絶対的に大事にしています。

それが根本にあるから、
相手が誰であろうと、
基本的な考え方を変えない
揺らぎのない自分で
姿勢に注目って言っていられるんです。

なにが言いたいか・・というと

対象によって態度はかえますが
考え方は変えていませんということです。

なので例えば、

ダイエットをしている弟には
わざわざ「太陽を見なさい」なんて言いません☆

身内ですし、指導も厳しくなります。

といった感じで、
私が【姿勢】をどう捉えているのかを
少しでも伝えられたらいいなあと思い
お話させて頂きました。

少しずつですが、
筋トレの話や運動の話も
すすめていきますね☆

聞きたいことや
トピックのリクエストがあれば
気軽にメッセージしてください☆
→ https://lin.ee/ZxTo45i