愚痴日記を効果的に願望実現に使う方法!

愚痴日記を効果的に願望実現に使う方法!

『どうせなら、明るい日記書こうよ』
この言葉を【自分を変えようと必死だった私】に伝えたい。

【自分を変えようと必死な私】ってね

新婚生活のハッピーモードから一転、
徐々にと現実問題に直面しはじめて
ストレスに押しつぶされそうだった私。

喧嘩をするようになって
自分を振り返って反省し
改善するために日記をつけ始めた私。

日記が自分の気持ちを整理する
ストレス解消の良いツールになって
ある程度の満足していた私。

こんな感じの【私】だよ。

もっと具体的に書くね。

よく、自分の気持ちを整理するには
文字におこす・文章化することが有効
って言うでしょ。

基本的に三日坊主が多かった私だけど、
旦那との擦れ違いとか
些細な喧嘩が増えたと気付いた時、
なぜそうなってしまうのかを理解したくて

・実際は何が起きていたのか
・自分はどう思っているのか
・何がいけなかったのか など

日記につけて振り返るようになったんだ。

それによって

この態度は良くないからやめよう、とか
次に同じこと言われても怒らないぞ!

そんな決意をしてたんだよね。

でも、
「そんな決意」を裏腹に
喧嘩の理由はもうなんでもありで
私たちは些細なことにも
よく躓くようになっていたんだ。

それがなぜだったのか

答えはコレだ!
って言い切れないけど
せっかく書いたあの日記、
もっと違う書き方をしていれば
当時の私の不安やイライラは
半減・・いやもっと、
軽く済んでいただろうなって断言できる!

結論を先に言うと、
私は日記に

具体的な目標と
それに対する自分の進行度

を積極的に書く方が良かったと思うんだ。

書く内容を変えなくとも、
その「書き方」を変えていたら
もっと 生産性 の高い
効果的な成長日記になっていたなって
今なら考えられる。

その日できなかったことの記録
が間違っているんじゃないけど。

「できなかったこと」だけでなく
「できたこと」も見つけていれば
それを伸ばすことができて、
自分を責めて悲しむ時間も減ったハズ
・・っていう事ね。

少し漠然としすぎかな。

私の過去の日記の流れを例にして
すこし補足するね。

<例>
些細な擦れ違いが増えた頃に日記を始めた私。
「○○(夫)を傷つけてしまった、
もっと自分を変えなきゃダメだ。」
と何度も綴っている。

夫は自分のために日本に来て
言葉も分らない中で頑張っているのだから
私がもっとしっかりしなくてはいけない
そんな内容がぎっしり。

まあ、
自分なりに「しっかり」やっていたのは事実。
なのに何かが悪くて喧嘩をしていた。
夫は悪くないから、
「何か悪いもの」は私の言動だろう
そう考え、自分に問い続けた。

しかし、
これといった答えがわからず
衝突を繰り返した。

私は、この「繰り返し」が
自分の意識の甘さからくるものと考え、
自分が間違いを繰り返すことが原因と捉えた。

だから、
喧嘩に発展する要因を忘れる自分
都合よく解釈して深刻さを忘れる自分
がいると確信しそれを怖がった。

「もう消えてなくなりたい」

不安に駆られてそう書いた日もあった。

そして、繰り返したくないから
自分がどんなことをした(言った)のか
そしてそれをやめるべき理由を
長々と綴って自己反省した。

「すぐに目つきにでてしまうのがダメ!」
「でもね、と相手を否定しない!」
「自分の感情の変化を見逃さない!」

そんなことをたくさん書いている。
自分の悪い行動パターンをつきとめては、
それをどう崩すか考え、
やめることリストが増えていった。

一通りのことを振り返り
それなりの的を得た反省ができていたため
当時この日記に満足していた。

しかし、
「やってはいけない」を頭に入れると
それに至らないようにするために
積極的に会話を楽しむことができなくなった。
それこそ、本末転倒。

それから徐々に、

相手にも否があるんだ

と考え始め、それがエスカレートした。
夫のことを
「かわいそうな外国人」
とまで皮肉った日もある。
そして私の日記は

口には出せない愚痴・不満を綴る

そんなストレス解消日記となった。

もちろん良いことがあれば
本当に幸せ♪と書いているが
一喜一憂、本当に激しい時期だった。

・・・・。

その後も日記は続いてるけど
この辺りからまた大きな変化があるので
一度ここで区切っとくね。

もう、今となっては突っ込みどころ満載。笑

まず自分が変わらなければ!と思えた自分は
偉かったと思うんだ。
だけど、
結局は自己否定、相手の非難まで始め
お先真っ暗な状態を招いてるよね。
消えたいなんて
普通簡単には言わないからね。

もしもこの時に
「私たち夫婦はどうなりたいのか」
がしっかりと見えていれば
それに向かう努力ができたんだろうな。

「毎日たわいないことで笑う」とか
「なんでも話せる親友みたいになる」とか
なんでもよかったと思う。
要は、

そのビジョンが明確にあって、
常に意識できているか。

がポイントなんだな。

たわいないことで笑いたいなら
リラックスできる環境が必要だし

なんでも話せる親友になるなら
お互いに素直に意見したいよね。
衝突だってつきものだし、
お互いを見放さない信頼関係がいるよな。

そんな風に、単純でも何でも
想い描けていれば
その実現のためには何が必要かって
具体的に考えられると思わない?
「お互いに」っていう大事なことも
しっかりと考えるきっかけになるしね。

もっと言えば、

リラックスして話すには
良いお酒でも買っちゃおうかなーとか、
お互いのこと理解深めるのに
自分の素直な気持ちも伝えなくちゃなーて
傷ついたならそれも伝えればいいのか!て
そんな風に前向きな行動や発言が
浮かび上がってもよかったと思うんだよね。

私がしていたことは
「やってダメだったことの羅列」だった。
もちろんそれで得た気付きもあったけど
ほんとに遠回りだったな。

せっかくの反省を活かすなら、

やめるべき事をみつけたなら、

やめる代わりにやることを知ること!!

不安や怒りを綴っても良いから、
それにひとつ加えたらいいよ。
たったそれだけの意識で、
暗い闇日記は
進む方向も示してくれるようになるから。

自分が描く幸せな未来をゴールとして
日記を書いている時点での自分は
一体どのあたりにいるのかなって
どうしたらさらに近づけるかなって

そんな考え方が加わるだけで
ストレス解消のとりとめのない愚痴日記も
ある種の道しるべとして
もっと効果的に働いてくれるから❕

どうせなら、明るい日記書こうよ。