認知しているかどうか。あなたが生きるのはどの世界?

認知しているかどうか。あなたが生きるのはどの世界?

7月が終わる実感ゼロ、夢見鳥です☆

第  52 号 【視点をかえることの重要性】

突然ですが、
恋は盲目っていいますよね。

一点に集中していると
他がみえなくなってしまうって
誰でも経験していると思います。

今日は、運動や姿勢の話とは
少し違った内容ですが、
思うことがあるのでシェアしますね☆

人それぞれのものの捉え方の違いについて、
去年ですが、記事をあげています。

コチラ、先に読んでいただけますか?

https://n-lighting-up.com/realization

戦争の話題って
なんとなくタブーなのかな
っていう時もありますが、

人によっては
聞いてほしいものなんですよね。

しかも
「なにもない時代=辛い」
なんていうのも私の勝手な思い込みでした。

そういう思い込みって
日常的にもかなりあると思うんですよ。

患者様が、
ひたすら膝が悪いと訴えているのに
本当は悪いのは腰だった・・。

なんていうやつは
私にとっては、日常茶飯事です。

このときに膝が悪いと言っているのを
鵜呑みにするのか、

なぜ膝が悪いと感じているのかを
もう一歩突っ込んで聞いてみるのか

私たちは選択をすることができるのですが
そのためには予備知識が必要ですよね。

セラピストには知識があるので
膝が痛くても腰をみてみようっていう
選択をすることができています。

ですがセラピストでも
分野が違えば選択の幅も減ってしまいます。

例えば、
人生についてなにがベストか聞かれても
そこは私にはわかりません!

ただ言えるのは
私たちはみんな自分の基準値、
自分お価値観をもとに
判断しているという事です。

なので、

単純な知識不足や
思い込みのせいで
自分の選択肢が初めから少ないというのは
本当にもったいないと思います!

と同時に、

良いも悪いも自己責任なのかーって
なんか腑に落ちたりもするんです。

・・・結局何が言いたいのかっていうと

あなたのみている現実や
感じているものは
あくまでもあなた個人の
フィルターを通してみているので
絶対的なものではないよ!ということです。

なので
ダイエットだったり
未知のことに挑戦するときには

その未知のプロから聞くのが
一番手っ取り早いんですよ☆

痩せたいとか、
腰痛をどうにかしたい!

その他いろいろな体のことに関しては
私プロなので聞いて頂けたら
お答えしますよ☆

あなたにとっては予想外で
より効果的なことを
言ってあげられるかもしれません。