脳を鍛えることもダイエット!?知られざる脳みその消費カロリー。

脳を鍛えることもダイエット!?知られざる脳みその消費カロリー。

第  16 号 【基礎代謝の真実とは・・?】

おはようございます!

ポジ分け与えます、夢見鳥です☆

基礎代謝って、言葉は皆さん知ってますよね。

おそらく、

基礎代謝をあげて脂肪をおとすダイエット!

なんてのは
誰しも1度は耳にしていると思います。

私もそれを言ったことがありますし、
理想的なダイエットの一つですよね☆

でもね、
今日はひとつ確認しておこうと思うことがあって
これを書いています!

よくある勘違いなんですけど、

基礎代謝というのは、
「生命活動を維持するために
 必要最低限なエネルギー」です。

1日、活動していなくても消費される、
エネルギーのことで、
一般的には、

 ・成人女性が約1200キロカロリー
 ・成人男性が約1500キロカロリー

と言われていて、個々の体格や活動量によって
多少の増減があるわけです。

でね、
大事なことはコレなんですけど・・・

カロリーを消費するのは、
筋肉が全てではないんです!

むしろ筋肉は全体の20%程度。

どうでしょう?
意外と少ないと思いませんでしたか?

ちょっとざっくりですけど、

筋肉でだいたい22~23%。
肝臓と脳みそでもそれぞれで20%程度。

それから、

心臓や腎臓なんかで各々が10%に満たないくらいの
カロリーを消費しているんですよ。

・・ということは、
筋肉をつけることと同じくらい、

肝臓や脳みそのコンディションを
整えておいてあげることって重要なんです。

なので簡単に言えば

しっかり睡眠をとって
自律神経を整えておくとか、
暴飲暴食をしないで
内臓を休ませる時間をとるとか、

本当によく言われている
「基本的な規則正しい生活を送る」
っていうのは、
その通り、理にかなっているんですね。

ちなみに、
私も初めて知ったときには
結構びっくりしたんですけど

脳みそで20%?!
そんなにカロリー消費するの?!
って思いませんでしたか?

筋肉とほぼ同等なレベルですよ。

それを知っていたら、
新しい環境であたふたしたり、
難しい論文を読んでまとめたり、

いつもとちがうことを
たくさん考えた時に感じる疲れって
あぁ、本当によく脳を使ったんだなって
ちょっと納得しますよね。

そして!

考えることや新しい経験を通して、
カロリーまで消費できるってわかったら
それらがより一層、
楽しくなっちゃう気がしますね☆

あっ!

だからといって筋トレはあまり意味ない
なんてことは言いませんからね。

またそれについても
お話しまーす☆

今日はとりあえずここまで!

基礎代謝をあげるには
規則正しい生活が大事ですよっていう
当たり前のお話でした^^

追伸:

最近の若い子たちって
ポジティブっていう言葉でさえも
略してしまうんですね!

「夢見鳥さんのポジ分けてほしいですー」

と言われ、

「え?ポジ?」

と、普通に聞き返してしまいました。笑

私、ちょっと考え方が古いというか・・
なんかどっかが変に真面目なので
あまり造語とか略語って好きになれないんです。

(好きじゃないというのは
 時代についていけていない
 言い訳かもしれませんが・・苦笑)

リピートをリピって言ったり
リプライをリプって言ったり・・

ちなみに、
「リプして」も最初全く意味が分からず、
文脈から理解するまでに
少し時間がかかったのは内緒の話です☆

4文字を2文字にしなきゃいけない程、
私たちって忙しいのかなあ?

どうなんでしょうね、そういう風潮。