復縁するなら避けられないのが冷却期間。自分磨きって何なの?

復縁するなら避けられないのが冷却期間。自分磨きって何なの?

おはようございます!☆

第  26 号 【学びはいつか繋がる】

私がまだ復縁したくて
執着が激しかった時・・・
出会った言葉、冷却期間。

この言葉を目にしたときは、

「あ、意外と簡単なんだ!」

そう思いました。
が、、次の瞬間にはもう

「連絡を絶つなんで不安でしかないよ>< 」

と、突然また怖くなったりもして
当時は本当に感情に振り回されていましたね。

今となっては
もう懐かしいとさえ感じています。

ということで、
冷静に振り返ることが出来るようになった今、
シェアできることがあると思うので
今日は少しそのお話をしますね☆

ちなみに、、!

復縁については皆さんの自由だと思っています。

ここでは、あくまでも
当時の自分が学んだことのシェアです。

斡旋しているわけではないので、
そこだけご理解くださいね。

【冷却期間の始め方】

理由がなんにしろ、
私が復縁を望む側でいたとき
もちろん私が追いかけいる側でした。

元夫は、私に暴力をふるった挙句に
パニックに陥り、
私が彼をそんなモンスターにしたのだと言い張り
ある日出ていきました。

(今思えばそれを鵜呑みにして
 どうにか修正しようとした自分、
 かなり頭イッテルと思いますが・・。)

彼は私に対して、
罪悪感に嫌悪感、ネガティブな感情を
抱いていました。

ですが焦っているあまり
それを理解できなかった私は、
話し合いを催促していたのです。

しかしこれは
彼にとっては「嫌だ」の感情を
ループさせることにしかなっていなかったんですね。

・・つまり、
私からの連絡はかえって、

彼の脳内で私に対する嫌悪感を
強く根付かせてしまった!!!

ということです。

本当はポジティブに話し合いをしたくても、
それでは全くの逆効果ですよね。

で、
私がこのとき信じられなかったのは、

特別(だった)人のことを
そんなに簡単には忘れない

ということ。

楽しかったことや
幸せに感じていた思い出なら尚更
永久に忘れられることはないのです。

ただ、怒りが先に来ているときには
いいところは見えないんですよね。

お母さんとの喧嘩とか
親との揉め事とかと似てませんかね。

後で考えればわかるけど
その時には怒りで見えないし
考えもしない日ごろの感謝の気持ちとか^^

そういう感じだと思うんですよ。

なので、
冷却期間の開始当初は
ただただ・・
ネガティブが去るのを待つ必要があります。

マイナスをゼロに戻す作業がなければ
プラスにはなりませんからね。

どうでしょうか。

ゼロに戻ったところで、
やっと自分磨きをした私が現れて
印象をプラスにもっていくわけです。

はい。この一連が、
私的に納得のいった冷却期間の捉え方です!^^

正直、その先の行動については
自分は別れを選択しているので、
とくにいう事はありませんが

自分磨きというアクションを開始するための
一つの考え方として
お話をしてみました☆

とりあえず冷静に考えていたら
わかったはずなのに
人間の感情ってパワフルですよね。

追伸:

私の考える究極の自分磨きについて
プチ講座をお届けしています!^^

今お届しているのは、

第1弾、
「自分磨きについて知ろう!」です。

このあと明日、
第2弾、3段と・・
運動などについての実践までを
しっかりとした知識と
愛を込めて一生懸命届けする予定です♪

是非、自分磨きについて勘違いがないか
確認する意味で見て下さいね♪

→ 復縁・冷却期間からの自分磨き

※アンケートもつけていますが、
 任意で構いません!^^
(が、答えて頂ければ、
 お礼に他の動画をお送りします☆)