そのテクニックをさらに効果的にする、ひとつの質問。

そのテクニックをさらに効果的にする、ひとつの質問。

思った以上に反響を頂いている
【自分磨きの集中講座】ですが、

昨日までで

1.自分磨きって結局なんなのか 
  → https://bit.ly/2VJpDIZ

2.なんで運動するのが手っ取り早いのか
  → https://bit.ly/2VKEKBZ

この2つをお届けしてきました!

で!!!
ついに今日は

第3弾
『運動しないを取っ払う!』を
お送りいたします。☆

→ https://bit.ly/3fhzhu4

ということで・・・

第  30 号 【向き合うっていうのはね】

「自分と向き合いなさい。」

悩んだときとか、
よく言われるセリフかなって思います。

でも誰も
向き合い方まで教えてくてないですよね。

【頭の中にあること全てを紙に書き出す】

なんて、よく聞くテクニックですが、
よほど器用な人でない限り
書き出してスッキリして

とりあえず終了~。

ってなってしまう気がするんです。

どう思います?

確かに全てを書き出すことで
よくわからない感情も言語化されるので
整理はつきやすいし
スッキリします。

私も何度もやってきました。

でも、これで自分と向き合えたかっていうと
実はそうでもなかったりするんですよね。

なので私が学んだことで
一つ大事だなって思ったことをシェアします☆

それは・・・、

紙に書いた全てのことを客観視してみる。
自分ではなく他人事としてみてみる。

ということです。

そして、その他人に対して
他の選択肢を出してあげたり、
もっと良い考え方をアドバイスしてみましょう。

自分のことだって思っているうちは、
「これはこう、○○でなければいけない」
っていう考えが強くこびりついて
冷静な判断を邪魔しているんですよ。

だから、
【本気で他人事として見直してみる】
ってことが大事だと思います。

そんだけ?って思うかもしれませんが
やって頂ければわかりますよ!

人ってこんなに
自分と他人を別物に考えているんだなって
若干面白くなりますから☆

どんな悩みにも通用するので
是非とも覚えておいて
やってみて下さいねっ♪

追伸:

姿勢を見るっていうときも
自分の姿をしっかりと観察することが
大事です☆

伸ばしているつもり

では
せっかく伸ばした背筋も
体をそっているだけかもしれませんからね。

それでは腰痛も招くし大変です。

客観視のスキル、みがきたいですね☆