無視したら後悔するその赤信号。しっかりチェック!

無視したら後悔するその赤信号。しっかりチェック!

無視すべきじゃなかったこと
今更だけど振り返っておこうかなって。

時々「あれ?」って思っても、
まあそんなもんかって流すことあるよね。

その時は特に意識しないで流せちゃう
ちょっとした価値観とか考え方のズレ。

“人は人だし自分は自分”
みんなと同じになる必要はないし
相手の個性を受け入れて高め合うべき。

そんな考えもベースにあったりして、
他人の意見も聞き入れて成長したいし
頑張るぞって思っていたら
なおさら【受け入れる】努力しちゃう。

でも、
流しちゃいけなかったことがあったんだって
気付くときがきたから
それについてちょっとシェア。

結論からいうと、
根本的な【基準値】の違い
これを見逃しちゃいけなかった!

人の考えをつくりだすベース、基準。
人間の標準装備ていうのかな。
育った環境からくるのか
信じるもの・経験からくるのか
なにかを判断するときの材料だよね。

私が今まで本気で人と向きあってなかった
ってのもおそらく事実だけど、
そもそも人と『合わない』ってことについて
深く考えたことがなくて、
意見の違いと価値観・基準値の違いは別物だって
なんとなく気が付いた今日この頃なわけ。

例えばね、私の実体験なんだけど、

私の元旦那はよく
「あいつはただラッキーなんだよ」
とか
「お前には一生かかっても無理だよ」
っていう言葉を簡単に口にしていたのね。

友達が昇進したのは
『その人の上司が有力者だったから』だし、
YouTubeでプロのドラマーの演奏をみて
興奮している私がやりたいといっても、
無理だよと即答した彼。

正直、そこですでに違和感はあったんだけど
わざわざ話し合うことではないと思ったし、
そんなことで言い合いしたくなかった。

でも!!!

結局それって
『彼と私が根本的に合わないサイン』
だったって思うんだよね。

私だったら友達の昇進を聞いても
ただラッキーかどうかだけで判断しないし、
昇進が羨ましいと思えば
自分もそこにいく方法を考えるんだよね。

でも、彼にとっては
同じことをやって同じ実力を持つ友達が
昇進したのは運の問題でしかなくて
自分にできることはなにもないって、
ただそれだけ。

ドラムだって、
スティックすら握ったことがない私でも、
ものすごい量の練習をすればいいんだから
やる前から無理って決めることはない
って思うから即答で無理って言われたら
がっかりするしなんか違和感で。。。

って少し脱線だ。笑

とりあえず言いたかったことは、
私は、『彼が自力で現実を変えよう
という意識が低いタイプだという事実を
肌で感じながらも無視し続けた』ために
後で大打撃を喰らったよっていうこと。

基本的には人は簡単に変わらないし、
変わりたいと思って能動的に努力しないと
変化は現れないよね。

だからまあいつかは噛み合うかなーなんて
適当にと流して構えて、
違和感と共存していくっていう
選択をしたことが私の失敗でお勉強ポイント。

自分の置かれている現実は
自分の力で変えられるって信じられないと
チャレンジしないで諦めるだろうし、
自分の人生に責任をもててないよね。

チャレンジして、
思うように結果がでなくても
そこまでの過程に学びがあるはずだよね。

綺麗ごとかもしれないけど、
そういうことの積み重ねで
人としての深みとか個性、魅力っていうのが
出来上がってくるんじゃないのかなって
ホントにそう思うわけ。

最終的に私の元夫は
私に暴力をふるい出て行った。
彼は自分のことを許せないと言っていたけど
それと同時に
『お前が俺を暴力男に変えたんだ。
 暴力はお前が招いたんだから
 責めるなら自分の言動を責めろよ。』
ってそう言ってた。

私が人を愛する能力が低かったから
夫婦として成り立たなかった。
正直、そうだとも思う。

でも、私は私のできることをして
最善を尽くしてきたから、
彼がそれ以上を望んでいたのならば
私から去る決意をしなかったのは
彼の選択で責任であるはず。

自分を責めろって言われて
やっと私の目が覚めた。
その瞬間に私の中で繋がった。

≪この人は自分の行動に
 責任を持てていない。≫

無視してきた自分の違和感を
直視せざるを得なくなって、
それを言語化した途端に
彼は自分とは別の道を行く人なんだ
そう実感した。

小さな違和感を全てをネガティブに捉えたり
疑ってかかる必要はないと思う。

でも、違和感を無視してはいけないって
強く言いたい。

自分の感覚・感情は
自分しか向き合ってあげられないから
その違和感の正体が何なのか
少しでも考える時間をとって向き合って。

それで結果として
自分のエゴだってわかれば修正がきくし、
彼とすれ違う原因とわかれば、
話し合うとか、なんかできるよね。

私にはそれができなかった。
だから無視できないくらい
大きな事件なっちゃったのかなー。

違和感と向き合うことは
喧嘩することじゃないし、
弱みをさらすってことでもない。
自分自身とのコミュニケーションかな。

だからその一言、
その違和感、みんな無視しないでね。

今日もありがとー!