習慣化したいけどできないなら「いつ」の選択肢を増やそう!

習慣化したいけどできないなら「いつ」の選択肢を増やそう!

第  123 号 【流れに組み込む】

どんなに簡単でくだらなく見えることでも
しっかりやろうとしすぎて
結局やらないよりはマシですよね。

なんなら最初は運動効果よりも
ちょっとだけどやったぞ!
って思えたら
それだけでもいいと思いますもん。

でね、

最終的には
「習慣を変えてカラダを変える。
 人生が変わる。」
がゴールだと思うんです。

カラダってカタカナにしたのは
身体だけでなくて
メンタルも含めたかったからですが・・
そこは脱線が長くなるので
またの機会にお話しますね。

それでね、

まず最初に大事なのが、
運動をどっかに組み込むことを
流れ的にできるようになること
じゃないのかなって思うんですけど。

前にもお話したことがありますが
私が言う「運動」は
深呼吸も含めます!!!!
ストレッチもです。

どうせ ふぅ~っ て
伸びるなら酸素をたくさん
取り込める方法でやったらいいし

どうせ時間を割いてストレッチするなら
弱点を狙い撃ちすれば効果的ですよね。

なので、自分の弱点を知っていることや
どうやって対応するかを知っていることが
ものすごく強みになるなんですよ。

幸いにも私は
理学療法士としても勉強していますし
姿勢の話が大好きなので、
多少なりともそういったことを知っています。

だから、
夕飯だけで米を二合も食べていた過去があっても
巨漢にならなかったんじゃないかなって。
余談ですが。笑

ということで、
ダラダラと喋ってしまってすみません。

私が朝の出勤までの間に
ながら運動することが多いタイミングを紹介しますね。

※全部のタイミングに
 毎回やっているわけではなく
 この中のどっかでやっているって感じです。
 もちろん、しっかりと運動用に
 時間がとれればベストですがね^^

1.朝起きてベッドの中
2.布団からでる直前(出ようか迷っている時)
3.布団から出てお湯を沸かしている間
4.歯磨きをしている間
5.食事や読書中の座っている間
6.出勤直前に思い出した時

こんなかんじです。

また徐々に、
何をしているのかもお伝えしますね。

とりあえずは
ベッドの中でもぞもぞと
起きようか迷っている間に、
仰向けで膝をまげてみましょう。

正座のまま後ろに倒れたような姿勢になって
太ももの全面を伸ばします。
そこでもしできれば腰を少し浮かせながら
深い呼吸をします。

それだけでも下腹も伸びるし
胸も開けるのでオススメですよ♪

次回はとりあえず
起床してすぐのリアルなやつを
動画でお見せしますので
またチェックしてみてくださいね☆