道具を出しっぱなすダイエット効果。

道具を出しっぱなすダイエット効果。

第  125 号 【道具を使う運動】

昨日は、

運動でもなんでも、
自然にとりかかれるようになる為には
「それに心地よさを感じているかどうか」
が大事ですとお話しました。

が、

心地がいいからって
なんでも簡単に続けられるのなら
身体にいいことの習慣化に悩む人なんていないだろ
っていうことは私も思っているので

今日はそれについて
少しテクニック的な部分を
紹介したいと思います。

私個人的には
道具を使う系の運動やらストレッチは
ハードルがあがると思っています。

・・というのも
それに手を伸ばして
セッティングしなければいけないから。

それってちょっと
手間がかかる気がしてなりません。

でもね、
逆にその道具がスグに目について
手が届くところにあって、
しかも使い方が簡単であれば
話は変わってくるんです。

私のお気に入りはバランスボールです。
ひとつ部屋に転がしてあります。

たいして大きくないやつをもっているので
その上に立って歯磨きをしたり
その上に座って適当な運動をしたりして
ちょこちょこ使っています。

「は?上に立ってるの?
 そんなことできないし!」

って思う方も多いと思うので
一応先に言いますが、
これはあくまでも私の話です。

皆さんにもバランスボールに乗って
歯磨きすることをオススメします!
なんて言うつもりは更々ありませんからね。

私がそんな
いっけん大変そうなことをやる理由は、
単純にバランスをとるとかいう類の事が
好きだからです。

そういうのが好きだからこそ、
できないと悔しいって気持ちがわいてきますし
楽しめるから続くんですよ。

なので、
皆さんそれそれの好き嫌いや
得手不得手によって
やれることが違ってくるのが
それでわかってもらえますかね。

どんなことなら続くのかっていうのは
本当はご自身が一番わかっているはず。

ただ、みんなそれがなんなのかを
知るすべがないというか、
選択肢がなさすぎるので

よし運動!やれ運動!

ってムダに人のやっていることを真似したり
がむしゃらに難しいことに
手を出したりして挫折するんですよね。

だから、
私のくだらないけど本気シリーズで
こんなんでもいいのか~って
わかってもらえたら
そういう簡単なことの真似からしてもらったら
いいんじゃないのかなって。

・・はい。

ということで、
このままでは私はバランスボールの上にも立ちますよ
っていう話で終わってしまうのでひとつしっかり紹介しますね。

テニスボールがあれば
食卓のいつもの椅子の上に置いておきましょう。

そして、座るたびにそのボールが
お尻のグリグリの骨(坐骨)あたりにくるようにおいて
足の付け根とお尻のストレッチをしましょう。

股関節の話は長くなるので
ここでは割愛しますが
かなり重要な関節なので絶対にやって損はしませんよ!☆

お風呂あがりに時間をとってストレッチできなくても
いつもの食卓椅子に座るときの一瞬で
同等レベルのストレッチ、やっちゃいましょう!